乳歯の虫歯予防

定期検診の大切さ

現在の歯科医療の考え方は治療から予防へと変わってきています。虫歯の治療や予防はもちろん、歯みがき指導や食事指導など、子どもの体と心の成長に合わせてお口の健康をサポートしていきます。

歯は一度虫歯になってしまうと決して元通りには戻りません。虫歯の治療とは、実際は虫歯の部分を削って人工的な物をつめるだけなので、元の虫歯のない状態に比べるとかなり悪い状態といえるでしょう。
小さい頃に虫歯になって一度詰め物が入ってしまうと、結局はそれのやり直しをその後繰り返すようなことになってしまいます。

また乳歯が虫歯で壊れてしまうと歯が並ぶスペースがなくなってしまい、永久歯がうまく生え換わらないこともあります。できてしまった虫歯も大きくなってしまうと治療が大変になるうえに詰め物も大きくなるので悪くなりやすくなってしまいます。
歯は生えてきたときから虫歯にならないように予防していくこと、そしてできてしまったらなるべく小さいうちに治すことが重要です。

定期健診は学校の歯科検診のように虫歯があるかどうかを検査するだけのものではなく、また虫歯の治療のためでもありません。

定期健診は虫歯にならないように予防処置をしたり、歯並びが悪くならないようチェックするためのものです。痛みをともなうこともありませんので、とかく痛いイメージばかりの歯医者ですが定期健診でお子さんを歯医者に慣らせておくことも重要です。

3ヶ月に1回の定期健診で虫歯予防をすることが大切です。

歯を大切にね

子どもの歯はムシ歯になりやすく進行が早いのが特徴。
歯科健診を定期的に受けることで、ママでは見つけられない初期のムシ歯や
かみ合わせの問題などを早期発見することができます。 

フリータイヤル:0120-968-387