安心、安全のインプラント治療を目指して

CT画像はどう使われるのですか?

当院では、CT撮影後、コンピューター上で、SIMPLANT®(シムプラント)を使用し、リアルな3D画像で、あごの骨の状態を見ながら、診査、診断、治療計画を行います。

 

1.インプラントを埋入するためにあごの骨量が十分かどうか

2.歯根の正確な位置の確認

3.神経の位置の確認

 

これらの情報に基づき、
適切なインプラント治療を
3Dで計画します。
3D画像計画イメージ    3D画像計画イメージ   シムプラントガイドイメージ
フリータイヤル:0120-968-387