審美歯科

奥歯のブリッジ

保険適用

名称

(材料)

パラジウム合金ブリッジ
画像 パラジウム合金ブリッジ
特徴 保険が適用されるため、安価なのが特徴です。銀の特性から、お口の中が黒っぽく見えがちになります。表面から腐食し溶け出してくるため、全身への悪影響が心配され、腐食した表面には汚れがつきやすく、歯周病やむし歯の原因となりやすい短所があります。
審美性
耐久性
費用 \10,000-前後

(処置により異なります)

保証
支払 現金のみのお取扱いとなります。

自由診療

名称

(材料)

20Kブリッジ ハイブリッドセラミックスブリッジ セラミックブリッジ

(メタルフレーム)

セラミックブリッジ

(ジルコニアフレーム)

画像 20Kブリッジ ハイブリッドセラミックスブリッジ セラミックブリッジ(メタルフレーム) セラミックブリッジ(ジルコニアフレーム)
特徴 腐蝕に強いため、耐久性が非常に高く、適合が良いのが特徴です。噛む力が強く、圧力が強くかかる奥歯の使用に向いています。また、生体にやさしく、アレルギーの方にも使用できます。天然歯とほぼ同じ硬さであることから、対合歯を傷つけないのも特徴です。 セラミックの硬さと、樹脂の粘り強さを併せ持った素材です。審美性にも優れています。昔に比べて費用も安くなっています。保険のプラスチックの詰め物よりも、永く、白く美しい歯を保つことができます。長期的にみると色が変わってしまうという短所があります。 プラスチックが混ざっていない純粋なセラミックの素材です。プラッチック素材に比べて、変色しないため、白い歯を保ち続けることができます。審美性、耐摩耗性、抗着色性に大変優れています。ただし強度をますために内面に金属を使用していますので、歯ぐきとの境目が黒くなってきます。 セラミックブリッジは通常、強度を増すために内側のフレーム部分を金属で制作してその上に陶材を焼き付けますが、そのフレームを金属ではなく、人工ダイアモンドと同じジルコニアで制作します。そうすることで金属と同等かそれ以上の強度を達成することが可能になりました。より審美的、健康的なものを求める方へおすすめです。
審美性
耐久性
費用 \86,400-

(1本あたり)

\54,000-

(1本あたり)

\75,600-

(1本あたり)

\108,000-

(1本あたり)

保証
3年 3年 3年 3年
支払  クレジットカード style=クレジットカードでもお支払いただけます。
フリータイヤル:0120-968-387