院長ブログ

インプラント治療を問う

昨今インプラント治療の問題点が取り上げられています

以下NHKの記者によるコメントです

新しい治療が定着するためには、「誰を対象に」「どんな目的で」「どんな治療を」行うのか、決めることが必須です。

いくらインプラント治療が画期的でも、「歯を失った人に」「人工の歯を取り付けるために」「骨に金具を埋め込む」という単純な治療ではないはずです。

トラブルのリスクはどこにあるのか、どの程度かめるようになれば治療として目的を達成したことになるのか、標準的な治療のルールが必要だと思います。

歯科医学会は最低限のルール作りにようやく取りかかりましたが、もっと根本的な改善も求められているように私は感じます。

医科の世界では、治療の前と後で、患者はどう変わったのか、さまざまな検査で科学的に検証し、専門の学会の下で治療成績や失敗例が比較され、標準的な医療が確立されていきます。

歯科医療では、こうして治療成績を検証する意識が薄いように思います。

インプラントの場合も、唯一公式に出ている死亡事例についてさえ、まだ検証が行われておらず、事前の検査や手術の方法など、どこに問題があったのか共有されていません。

結果として、たくさんの治療法が、「われこそが最先端の治療法だ」と標ぼうして残り続けています。

私たちが取材した歯科大学教授の1人は「今までの歯科医療は、サイエンスではなく匠の世界だった」と自嘲気味に話していました。

しかし、歯を削って詰めるだけでなく、歯周病という細菌を相手にし、あごの骨に穴を開けるまでに至った歯科医療が、今までの「匠の世界」であれば、患者は安心して治療を受けられません。

治療の評価軸を作り、治療成績を検査で検証し、より安全で有効な治療法を確立し、専門の教育を受けた歯科医療従事者が治療を行う。

このことが今の歯科医療に求められていると思うのです。

 

非常に厳しい意見だと思います

私はただ単にインプラントを患者さんに埋入する時代は終わったと考えています

多角的な検査を行った上で患者さんにインプラント治療ができるのかどうか的確に診断する能力が問われています

当院ではインプラントを希望される患者さんに血液検査、CT検査を義務付けています

その検査の結果思わしくないと判断した場合はお断りします

断る勇気も私たち歯科医師には今求められているのです

 

 

フリータイヤル:0120-968-387