院長ブログ

親知らずの抜歯(炎症が進行してしまったケース)

本日は3本の親知らずを抜歯しました

そのうちのお一人の方の症例です

左下の歯茎の腫れを主訴に来院された患者さんです

 

         レントゲンを見るとかなり骨吸収が進んでいる様子がわかります(赤で囲んだ部分)

 

               かなり腫れが大きく膿がたまっています

 

 

 

 

              切開をして歯の頭を出したところです。

    歯茎の中は炎症が進行しており不良肉芽だらけで歯を見つけるのに苦労しました

    緑の丸で囲んだところが歯の頭の部分です

 

 

              歯を脱臼させ鉗子を用いて抜いていきます

 

 

 

                    縫合して終了です

 

 

 

 

 

                    抜いた歯です

      歯茎の中にあったにもかかわらず歯に多量の歯石の付着がみられます

      (歯の黒い部分が歯石です)

      この歯石からの毒素によって骨が吸収し炎症を引き起こしていたのです

      親知らずは抜いたほうがいいケースもあれば抜かずに様子を見てもいいケースがあります

      歯茎の腫れが何度も見られる場合は抜いたほうがいいでしょう

      また歯並びを悪くする原因にもなりますので矯正をされる方は基本的に抜歯になります

      詳しくは院長にご相談ください

フリータイヤル:0120-968-387