院長ブログ

審美歯科症例 (オールセラミックス) 途中経過

前歯の歯並びをきれいにしたいとのことで来院された患者さんです

カウンセリングにて矯正、クラウンによる修復を提案させていただきました

矯正は期間的な問題で断念

オールセラミックスクラウンにて修復することになりました

初診時の写真です

 

前歯が捻転し、かなり前方に出ています

この歯の状態をどれだけ内側にひっこめることができるのか、どういう歯の形にできるのか模型上でシュミレーションを行うために歯科技工士にワックスアップしてもらいました

ワックスアップ模型です

 

この模型を観察しながら歯科技工士と話し合い最終的にどういう歯を製作するかイメージします

また患者さんにもこの歯の形でいいのか相談します

歯の軸をなるべく内側に入れられるよう形成していきます

その後プロビジョナルレストレーション(仮歯)をセットし歯の形、大きさを患者さんと一緒に相談しながら決定します

プロビジョナルレストレーションをセットし歯肉をきれいに整えたうえで最終印象(型取り)をします

プロビジョナルレストレーション(仮歯)をセットしました

患者さんの希望でワックスアップ模型より歯の先端を少し短くしています

きれいに歯が入っていますが完成ではありません(あくまで仮歯です)

歯の色を患者さんと相談しながら決定し、歯を完成させます

当院は削っていきなり型取りをしていません(保険は除きます)

まずは仮歯をしていただき、満足して頂いてから型取りを行います

手間はかかりますが決して妥協はしません

最終補綴物が入りましたらまたご報告します

フリータイヤル:0120-968-387