院長ブログ

CTの素晴らしさを実感

歯肉の腫脹を主訴に来院された患者さん。

歯周ポケットが深かったので歯周病または根尖病巣を疑いました。

通常のパノラマ画像からははっきりとした像はみられませんでした。

 

 

そこでCTを撮影して確認することにしました。

すると歯根が破折していたことが判明しました。

 

 

歯根に破折線がみられます。また骨の吸収も進んでいます。

 

 

 

別の角度からみてみると縦に破折しているのがわかりました。

 

 

頬側の骨吸収だけでなく口蓋側も骨の吸収がみられます。

ここまで歯が割れておりますと残念ですが残すことはできず、抜歯となります。

今までのレントゲンでは診断が難しい症例もCTではより分かりやすく確実に診断できます。

CTの素晴らしさを改めて実感しました。

 

なお当院患者様には別途CT撮影料を請求しておりません。

私が必要と判断した患者様とご相談しながら撮影をお願いしております。

 

フリータイヤル:0120-968-387