ホワイトニングについて

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングはどちらがおすすめかわかりません。それぞれのメリット・デメリットを教えてください。

下記の一覧を参考にしてみてください。

 
手法 オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
診察室で行うホワイトニング 患者さんが自宅で行うホワイトニング
メリット ・歯科医師が管理しやすい
・短期間でホワイトニングできる
・診察室での施術時間が短時間
・歯科医院で導入しやすい
デメリット ・診察室での施術時間が長い ・1日2時間程度マウストレーを装着する
・自宅で行うため歯科医師が管理しにくい
主要成分 日本の薬機法で認可されているのは
3.5〜35%の過酸化水素
(触媒により濃度が低いものもある)
(2021年7月現在)
日本の薬機法で認可されているのは
10%の過酸化尿素
(2021年7月現在)
お勧めな
患者さん
・早く歯を白くしたい方
・顎位が不安定、嘔吐反射があるなどの理由で
・マウストレーを装着できない方
・自分のペースで歯を白くしたい方
・片顎のみ白くしたい方
・ホワイトニング後に修復処置が必要な方

オフィスとホームでデュアルホワイトニングを行う場合は、どちらを先に行い、移行するにはどれくらい期間を変えればいいのでしょうか?

オフィスホワイトニングを先に行い、その日からホームホワイトニングを実施することをお勧めします。デュアルホワイトニングのメリットは、漂白効果を得られるのが早く、且つ効果も高いことです。その一方、オフィスホワイトニングのみと比較すると漂白時間が長くなるため、知覚過敏症状が出やすいというデメリットもあります。

歯科医師のいないホワイトニングサロンなどでのホワイトニングと、歯科医院で行うオフィスホワイトニングの違いを教えてください。

歯科医院で用いるオフィスホワイトニング材は過酸化水素が中心となっています。また、歯科医師による診査・診断・インフォームドコンセントを行い、日本の薬機法で認可された医療機器を使用した施術となるため、医療行為となります。そのためホワイトニングサロンなどでのホワイトニングと比較して効果は高くなります。

ドラックストアや市販品のホワイトニング材と、歯科医院で購入するホームホワイトニング材の違いについて教えてください。

ドラッグストアなど歯科医院以外で手に入るホワイトニング材は、安価であることが最大のメリットである一方、ホワイトニング材成分の濃度が低いために、高い効果を得られにくいのがデメリットです。さらに、自身で作製するマウストレーを用いる場合は、歯列への適合が不十分なために、効果が得られにくい傾向にあります。

年齢制限はありますか?

ホワイトニングは十分に形成されたエナメル質が対象です。おおよそ16歳以上であれば、上限はありません。

禁忌症は?

妊娠中の方・妊娠の可能性が高い方・授乳中の方・無力タラ-ゼ症の方

妊娠中や授乳中はなぜいけないのですか?

直接害があるわけではありませんが、ホワイトニングという日常的でない行為が刺激となり、ホルモンのバランス に影雪を及ぼすことを避けるためです。

無力タラーゼ症とは?

過酸化水素を分解する酵素である「カタラーゼ」を持っていない症状で、過酸化水素が直接体内に入りますので禁忌症となります。

無力タラーゼ症である場合はどのようにすればよいでしょうか?

問診時に、無カタラーゼ症であることをお伝えください。「消毒液オキシドール(3%の過酸化水素)」の使用を禁止いたします。

詰め物は白くなりますか?

人工物はホワイトニングできません。しかし、表面の汚れは分解してくれます。

矯正治療中の人はホワイトニングできますか?

通常のラビアル装置(前面に矯正装置が付いている)の場合はホワイトニングできません。矯正治療後に行ってください。 矯正装置を外した直後は、エナメル質の表面が損傷していますので、痛みが出やすい状態です。一定期間を空けて行うことをお勧めします。 ・舌側から装置を装着(リンガル装置)する矯正 ・マウスピースを使う矯正 は矯正治療中でもホワイトニング可能です。

神経を取って、黒くなっている歯はホワイトニング できますか?

「無髄歯」もホワイトニング可能です。しかし、有髄歯と同じようには白くなりません。

1回で白くなりますか?

はい。必ず色の変化は確認できます。しかし1回で改善される程度は、歯の状態や着色度合によって個人差が あります。

なぜ初回は2回以上行なうのですか?

1回のホワイトニングではエナメル質の表面の着色を除去するだけですので、表面上白く見えてもその後の食事などですぐに色がつきます(再着色)。複数回のホワイトニングでエナメル質の奥の着色を除去しますので、 より白くなり長持ちします。初めてのホワイトニングの場合は、2回以上のホワイトニングをお勧めいたします。

初回の場合、1回目と2回日で1週間空lナますが、それはなぜですか?

厳密に「1週間」空ける必要はありません。ホワイトニング直後は食事のコントロールが必要です。食事のコントロールがたびたび続くとホワイトニング事態に対する拒否反応が出ますので、「約1週間」空けていただくのがいいでしょう。もし、時間がなければ、中1日を空ければ継続して行っていただくことも可能です。
1 / 212
フリータイヤル:0120-968-387