審美歯科

抜けてしまった歯の治療について

方法 ブリッジ 入れ歯 インプラント
画像 ブリッジ 入れ歯 インプラント
メリット
  • 抜けてしまった歯の両側(場合によっては片側)の歯を支台にして、抜けてしまった歯のダミーとかぶせる部分の歯を橋上にして、支台の歯にかぶせます。
  • 比較的容易に作成でき、噛み心地も違和感が少ないのが特徴です。
  • 一本だけ抜けてしまった歯の場合でも、入れ歯の作成が可能です。
  • 周りの歯を直接削ることが無いので、ブリッジよりも製作時点のダメージは少ないです。
  • 型を取るだけで作製ができるので、安全です。
  • 清掃も取り外しができるので、容易に行えます。
  • 抜けてしまった部分に、チタン製の土台を埋め込み、その上部に歯を作製します。
  • 周りの歯を削ることも、フックをかけることもありませんので、周囲の歯へのダメージを与えません。
  • 噛み心地も、本来の自分の歯と同様の感じを受け、しっかりと噛むことができます。
  • 見た目もインプラントを入れていることが、分からないほど自然に仕上がります。
デメリット
  • 支台にする歯を削らなければならず、健康な歯を削ってしまうデメリットがあり、かぶせている歯のむし歯になるリスクや、負荷がかかってダメージを受けるリスクがあります。
  • 装着の違和感は、ブリッジやインプラントに比べると、どうしても感じます。
  • 周りの歯にフックをかけて安定させますが、長年使用していると、フックがかかっている歯にダメージがでるリスクがあります。
  • 人工の歯根を埋め込むための外科処置が必要になります。
  • 外科処置後の安定期間が必要となりますので治療開始から最終の歯の装着までに、長期間かかります。(3ヶ月~6ヶ月以上)
費用 保険適用
or
自由診療
保険適用
or
自由診療
自由診療のみ
\300,000~(1本)
フリータイヤル:0120-968-387