よくあるご質問

治療の時期および治療期間は?

矯正治療は永久歯が全部きれいに並び終え、あごの発育が落ち着いてはじめて終了です。ということは、永久歯が生えそろわないと終わらないということです。
それでは、永久歯が生えてから治療をスタートしたほうが、早く終わるのでしょうか?治療の期間だけを取ってみますと、そうともいえますが、治療の内容を考慮しますと、次の考えかたがあります。
上顎と下顎のバランスがとれていない場合、骨のバランスを取る治療を行いますが、あごが成長する時期(身長が伸びる時期とほぼ同時期)を逃しますと、手遅れのこともあります。これを逆手に取って、あごの成長が終わった後、顎切除術と歯列の矯正を行う場合もあります(外科+矯正)が、大がかりになってしまいます。
早い時期に検査ができれば、その後の治療計画が立てられます。それによって大がかりな装置を使わずに、早め早めに予防や治療が出来るようになり、患者さんの負担は軽くなります。
ですから、治療の時期につきましては早めに相談されたほうが、治療をする方(医者)にとっても、される方(患者さん)にとっても良いことです。

フリータイヤル:0120-968-387