院長ブログ

命を救う訓練を行っています

先日次のような記事がありました

 

2017年に麻酔薬を使った虫歯治療後に容体が急変した女児(当時2歳)に適切な救命措置をせず死亡させたとして、業務上過失致死罪に問われた福岡県春日市の小児歯科医院(閉鎖)の院長で歯科医、高田貴(たかし)被告(56)=同県筑紫野市=の初公判が27日、福岡地裁(神原浩裁判長)であった。高田被告は「刑事責任はないと考えている。予見はできなかった」と起訴内容を否認し、無罪を主張した。

 死亡したのは同県春日市の山口叶愛(のあ)ちゃん。高田被告は「(死亡したことは)重く受け止め、一生背負っていかないといけない」とも述べた。

 起訴状によると、高田被告は17年7月1日、春日市の歯科医院で、麻酔薬リドカインを主成分とする局所麻酔で約1時間の虫歯治療を受けた叶愛ちゃんについて、両親が繰り返し顔色が悪いなどの異変を訴えたのに応急処置や救命措置を怠り、2日後に急性リドカイン中毒による低酸素脳症で死亡させたとされる。

 弁護側は冒頭陳述で、麻酔薬の投与の量や方法に問題はなく、叶愛ちゃんのような歯肉などへの注射でリドカイン中毒による死亡例は過去にないと指摘。両親から異変を訴えられた高田被告は呼吸を見たり脈拍を測ったりして適切に経過観察したが、死亡は予見できなかったと述べた。

 この日証人として出廷した父親(35)は、治療直後から目の焦点が合わず、体が反るなどした叶愛ちゃんの異変を繰り返し医院側に伝えたが、高田被告からは「疲れて眠いだけ」と言われただけで「全然ちゃんと見てくれなかった」と証言した。両親は同日、初公判に際して弁護士を通じ「二度とこのような事件が起きないよう真相解明を求めたい」などとするコメントを出した。

両親「娘のため、真相解明求める」

 叶愛ちゃんの両親が27日、事件の初公判に合わせて報道関係者向けに出したコメントは次の通り。

 私たちの最愛の娘の命が突然奪われた日から4年以上がたちました。

 昨年、ようやく当時の歯科診療所の院長が業務上過失致死罪で起訴され、その日から1年がたつ本日、第1回公判期日を迎えることになりました。刑事裁判において死因を含めた真相が明らかになることを、私たちは待ち続けてきました。長い長い道のりでした。

 被告人は責任を認めていないと聞いており、私たち家族もこの刑事裁判に証人として出廷しなければなりません。長い悪夢のような日々は、これからも続きます。

 最愛の娘の命が奪われた日の出来事は、今でも鮮明に記憶に残っています。

 ですから、私たちは証言台に立って、ありのままをお伝えするつもりです。

 ただ、事実をありのままに話すということは、忘れようもない当時の娘の青白い顔、紫色の唇、焦点の合わない瞳、硬直した体の感触、そして長く続いた苦しむ姿を鮮明に思い起こすことでもあり、助けを求めても対応してくれないことへの憤り、深い悲しみ、喪失感に再び襲われ、胸が張り裂ける思いです。

 ですが、最愛の娘のために、さらには同じような被害者を生まないために、そう自分に言い聞かせて、証言台に立ちます。

 この日を迎えるまでに、事件の解明のために尽力してくださってきた皆さま、私たちの娘のために心を痛めてくださった皆さま、心より感謝いたします。

 今後も、私たちは心強くし、二度とこのような事件が起きないような真相の解明を求めていきますので、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

 最後に、叶愛、生きていれば、あと3カ月をしないうちに7歳だね。叶愛のことを思わない日は一日もなかったよ。パパとママはこれからも叶愛を守っていくからね。

 

胸が痛む記事でした

アナフィラキシーショックにうまく対応していたら救えていたかもしれない命

 

我々の歯科治療においても患者さんの容体が急変することがあります

 

5分で心停止に至る場合もあり、迅速に対応するためには普段からの訓練が大事になります

(致死的反応において呼吸停止または心停止までの中央値は、薬物5分、ハチ15分、 食物30分との報告がある。)

 

 当院ではアナフィラキシーへの対応として

1.急変した患者さんの血圧、脈拍、血中酸素飽和濃度をしっかり把握できるよう血圧計、パルスオキシメーターにて観察(バイタルサインの確認)

2.救急車の要請を行う

3.アナフィラキシーショックが起きている患者さんにはアドレナリンの筋肉注射(アドレナリン注0.1%)を行います

(最大量:成人0.5㎎、小児0.3㎎)必要に応じて5~15分間隔で再投与

【アナフィラキシーとはアレルゲン等の侵入により、複数臓器に全身性にアレルギー症状が起き、生命に危機を与えうる過敏反応をいう。アナフィラキシーに血圧低下や意識障害を伴う場合をアナフィラキシーショックという】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4.フェイスマスクにて高流量(6~8L/分)酸素投与を行う

5.必要に応じて胸部圧迫法にて心肺蘇生(AEDを用いる)を行う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6.バイタル測定を行う

 

当院では一連のながれをスタッフみんなで定期的に確認、訓練を行っています

 

 

ワクチン休暇を設け、6月3日(木)休診とさせていただきます

先日院長及びスタッフは医療従事者向けの1回目のワクチンを接種しました

全員が接種した腕の痛みを訴え、一人は発熱、倦怠感の副反応がみられました

2回目の接種は6月2日(水)に予定されております

周囲の医療従事者の話によりますと2回目の接種後ほぼ全員が1回目より強く副反応がでています

 

具体例として

接種翌日の接種部位の疼痛は90%を超える被接種者が自覚

1回目接種後の発熱(37.5℃以上)は3.3%であったが、2回目は38.0%と高率

各種副反応は接種当日よりも翌日が最も頻度が高い

副反応の発現頻度は異なり、若年者・女性が高い傾向にある

等の傾向があります

 

そこで当医院は従業員の健康と安全のため6月3日(木)をワクチン休暇とし、休診とさせていただきます

患者様にはご迷惑をおかけしますが、ご了承ください

 

 

くろきデンタルクリニックはコロナウィルス感染防止策を徹底します

コロナウィルス感染者が増加しております。

 

当医院では以前より院内感染対策には力を入れております。

 

タービンや診療器具の滅菌は当然のこと、患者様ごとのグローブの交換の徹底です。

(患者様だけでなくスタッフの感染を防ぐためフェイスシールドの装着や毎年の血液検査、肝炎ウイルスの抗体検査、抗体がないものはワクチン接種の実施を行っています。)

 

ですので院内の感染リスクはかなり低いと考えています。

しかし今回のコロナウイルスは感染力が今までのウイルスとは比較になりません。

(患者様だけでなく我々スタッフも感染リスクがあります)

 

そこで当院は更なるコロナウイルス感染対策を行うことにしました。

 

一つ目は受付にて体温の測定を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体温が37.5度以上ある方は診療をお断りします。

 

二つ目は密を避けるため待合室の椅子の間引きを行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

診療時間によっては混雑しますのでカウンセリングルームや各個室の診療室でお待ちいただきます。

それでも対応できないときはご不便をおかけしますがお車でお待ちいただきます。

 

三つ目は二酸化塩素による消毒の徹底。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常消毒で用いるのはエタノールなどのアルコール、次亜塩素酸系のものです。

エタノールは揮発性ですのですぐに蒸発してしまいます。消毒要素としては低いです。

次亜塩素酸系、いわゆるハイターです。殺菌作用は強いですが毒性が強く、においがきつい、腐食作用があり機械には不向き、布を傷め脱色作用もあります。

しかし二酸化塩素は毒性は全くありません。においもなく性質は水と同等。しかし消毒作用としては最強で広範囲のウィルスや菌に対して消毒作用も強いです。

欠点がコストが非常に高い。アルコールの5倍します。

しかし私はコストよりスタッフや患者様の安全をとります。

この二酸化塩素を用いて患者様の治療が終わるごとに毎回診療室の消毒を行います。(チェア、ドアの取っ手など)

ですので予約時間を過ぎてお待ちいただくこともあります。

ご了承ください。

またご使用になったスリッパは回収し、毎回二酸化塩素にて消毒します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スリッパの回収にご協力お願いします。

 

四つ目は各診療室ごとに空気洗浄機の設置です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

診療室だけではなく、スタッフルーム、院長室、カウンセリングルームなど当院すべての部屋に設置しました。(合計8台)

 

加湿機能を使い、先ほど紹介した二酸化塩素も一緒に気化させ、空気洗浄を行います。

 

未知のウイルスに誰も感染しない、させないを徹底し、戦っていきます。

 

ご協力、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

コロナウィルス感染拡大に伴い患者様へのお願い

コロナウィルスの感染拡大に伴い、ウィルス感染を防止するためフェイスシールドの着用をスタッフに義務付けました。

 

(コロナウィルスは目の粘膜からも感染すると報告されております。)

 

我々の診療は常に口腔からの飛沫感染のリスクにさらされています。

 

スタッフをコロナウィルスの感染から守るためにも必要な装備だとお考え下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また院内感染防止のため受付にて体温の測定を行っております。

(非接触型の測定器で瞬時に体温を測定しますので感染のリスクはありません)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

測定の結果体温が高い方(37.5度以上診療をお断りさせていただきます。

 

皆様のご協力のほどよろしくお願いします。

新しいYou tube動画公開しました。(ミラクルフィット1の特徴について)

Youtube動画新たに公開しました。

 

今回はミラクルフィット1の特徴についてです。

 

 

フィット1の特徴について説明していますがその強固に装着される様子が動画だとよくわかります。

 

百聞は一見に如かず。

 

少しでもミラクルデンチャーの素晴らしさが伝わってくれたら嬉しいです。

 

動画の撮影編集は院長自ら行っています。

 

いかに視聴者に分かりやすく伝えることができるか試行錯誤しています。

 

動画を見てみると普段の診療でも患者さんに説明が伝わっていただろうか、もっとわかりやすく説明しなければいけないなと反省点が見つかりとても勉強になっています。

 

今後もミラクルデンチャーフィット3、フィット5、金属床についても配信していきます。

 

また歯科に関する動画も配信していこうと考えています。

 

YOU TUBEチャンネル開設しました

ブログの更新がおろそかになり申し訳ありません。

 

今回当院公式YOU TUBEチャンネルを開設する運びとなりました。

 

 

まずはお問い合わせの多いミラクルデンチャーの動画になります。

 

ホームページの文字と画像だけでは私のお伝えしたいことが難しいと考えていました。

 

そこでミラクルデンチャーを考案された中川瑛雄先生の承諾を経て装着動画を配信することになりました。

 

ミラクルデンチャーは特許のかたまりで秘密のベールに包まれています。

 

装着する動画は本邦初公開となります。

 

ぜひご自身の目で見ていただき、装着するときの音をご確認ください。

(ミラクル音と名付けられています)

 

今後もどんどん配信していきますのでご期待ください。

 

動画はこちらから

 

 

桜満開 大村公園

桜が満開の大村公園を散策しました。

 

澄み切った朝の空気と鳥のさえずりに癒され、

 

桜の桃色と快晴の空の青色のコントラストの美しさに感動しました。

 

ミラクルデンチャーFR会員になりました

12月1日に大阪で開催されたミラクルデンチャーFR会員講習会に参加しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FR会員になることで今までは歯が少なく小さな入れ歯を作るのが難しい症例にも対応できるようになりました。

 

 

 

 歯が一本だけしか残っていない場合、保険の入れ歯ですと口蓋部分を覆った大きな入れ歯になります

 

が、ミラクルデンチャーは口蓋部分をくり貫くことができとても小さくできます。

 

このことで異物感が少なく、発音もしやすくなります。

 

またしっかりと固定されますので特殊な器具を用いて取り外しを行います。(手では取れないほど強烈に固定されます。)

 

しっかり固定されることで残っている歯を守ることにもなります。これがとても重要です。

 

コーヌスデンチャーは今までありましたが歯全体を大きく削りコーヌス(金属の被せもの)で覆いますので歯に大きなダメージを与えてしまいます。

また歯に上から力が働き残った歯に大きな負担をかけてしまい、歯の寿命を縮めます。

 

ミラクルコーヌスデンチャーは歯を削らずに特殊な方法でコーヌスを被せます。(特許取得)

特許を取られていますので講習会を受け、FR会員になった先生しか取り扱うことはできません。

その方法は門外不出で誓約書も書かされます。

 

費用は自由診療となりミラクル5と特殊装置を合わせて約60万円となります。

 

ミラクルコーヌスを使わなくてもできる場合もあります。

 

 

例えば歯が2本だけ残っているケースです。

 

 

  特殊な固定装置を使うことでしっかりと固定されます。(詳しくは特許上お見せできません)

 

こちらはフィット3というミラクルデンチャーで一部に金属を使用することで丈夫に作られています。(35万円~)

 

フッィト5という金属を多く使うことでさらに丈夫な入れ歯を作ることもできます。(50万円~)

 

 

次はメタルプレートの入れ歯です。

 

こちらは金属をメインに使うことでさらに薄く製作することができ、異物感が少なく、熱伝導性もよいの

でご飯を美味しく食べることができます。

 

費用は60万円~です。

 

歯が一本でも残っていたらミラクルデンチャーを装着することができます。

(歯が全くない場合はミラクルデンチャーはできません)

 

ミラクルデンチャーの素晴らしい所は特殊な方法で固定をするため歯に負担をかけず、ご自身の貴重な残っている歯をしっかりと守ってくれることです。(そのため寝る時も付けたままです。)

 

インプラントも有益ですが、手術の必要性と費用の問題もあります。

 

そういった意味でもミラクルデンチャーはいい入れ歯だと思います。

 

おかげさまでミラクルデンチャーを扱う医院は少なくミラクルデンチャーを求め島原など遠方より来院していただいております。

 

ご興味がありましたらいつでもご質問ください。

 

 

 

土屋和子先生をお招きして院内講習を行います

明日8月29日(木)に土屋和子先生をお招きして院内研修を行います。

 

土屋先生はフリーランスの歯科衛生士として活動されており、歯科界においてその名を知らない方はいないほど有名な先生です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの本も出されております。

 

歯科衛生士の更なるレベルアップをはかるため土屋先生から直接ご指導いただきます。

 

  スタッフみんなが歯科衛生士として誇りをもって仕事にのぞんでもらうため

また患者さんに寄り添ったメンテナンスを提供できるようにスケーリング、ブラッシング指導、診査診断ができるように   女性としての生き方についてなど   先生からたくさんのことを吸収できたらと思います。

 

  患者さんの皆様には申し訳ございませんが、先生の院内講習に伴い明日は休診とさせていただきます。

 

  ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします。

夏季休診のお知らせ

8月13日(火)から8月15日(水)まで休診とさせていただきます。   ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします。
1 / 1612345...10...最後 »
フリータイヤル:0120-968-387